ずっと見ていられる!青い池

北海道美瑛観光の目玉である青い池とは?

青い池は富良野・美瑛の旅行地として有名な場所であり、ラベンダー畑と並んで数えられる名所です。バックのカラマツと、青く見える綺麗な池が幻想的な風景を作り出しています。実はこの池、自然の産物と人の手が合わさってできた池でした。元々は、火山の噴火物が混じった水を貯めておくための池として整備したものだったのです。近くを流れるアルミニウムを含んだ滝と、美瑛川の水が合わさって青い池に流れ込みます。その水が太陽の光で反射して池が青く見えるそうです。まさに人間側の都合と自然が起こした奇跡の産物です。でもまだまだ青く見えることは謎が多いようで不思議な池には変わりがありません。一眼レフや、愛する恋人、家族とともに、ぜひ美瑛まで足を運んで、池の幻想的な風景を見ながら自然の起こした奇跡や不思議に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

季節や時間帯、天候によって変わる青い池

青い池は自然の産物なので、天候や時間帯などによって様々な風景を見ることができます。一日の時間帯でいくと、夜明け前から早朝が絶好の機会です。午前9時から10時頃には観光客で賑わい、なかなか静かな青い池を鑑賞することができません。一番の見所は、晴れた夏の朝方6時頃です。いつもは静かな池ですが、太陽の光が差し込み、じんわりとした明るい青い池を体感できます。さらに小鳥のさえずりも聞こえて池周辺は賑やかになるでしょう。晴れているばかりではなく、曇りでもまた見え方が違います。また夜のライトアップをしている季節もあるので行ってみると一味違った風景を味わうことができます。逆に雨が降った翌日では、池の水が濁ってしまうため、残念ながらあまり綺麗には見えません。アクセスは美瑛駅からバスで20分の距離に位置し、駐車場も100台まで完備されていますので、その日ごとでまた違った青い池を見られるかもしれませんよ?

知床ツアーには森の中に点在する湖や野生動物の暮らしを観察するガイドツアーから、雄大な知床半島の景色を海上から見学するクルージングツアーまでたくさんの種類があります。

© Copyright Learn About Hokkaido.All Rights Reserved.